研究の続くがん治療

医学が進歩した現代でも、がんはまだ完全に解明された訳ではありません。
そうだからこそ、がん保険に加入する意味があるようですが、徐々に解明が進んでいることは、確かなようです。
今では、早期発見で、完治可能なものもあるようです。
けれども、がん保険への加入者が増えていることは、何かしらの不安感から来ているのでしょう。
がんが死因のトップでもあり、自分も罹患するのでは、という思いから出ていることも否定できません。
あるいは、生活習慣病であるので、社会生活そのものへの不安感から来ているかもしれません。
しかし、がんに個人で対応しようとしても、おのずと限界があるのかもしれません。
社会生活に溶け込んでいるのであれば、社会からの影響を免れることはできないのでしょう。
このことから、がん予防するのであれば、社会そのものの変わる必要性があるのかもしれません。
これは非常に難しいことかもしれませんが、生活習慣病は、ある意味、贅沢病でもあり、比較的経済的に恵まれた国で、罹患者が多いようです。
欧米と日本が、その例となるのでしょう。
それを考えれば、がんもまた、現代社会が広めてしまった感があることも、あながち間違いではないかもしれません。
とにかく、がんが、毎年死因の第一位である以上、がんに罹患する可能性がないとは言い切れません。
心配であれば、きちんと計画を立て、がん保険に加入することが、賢明かもしれません。
その方が、心配や不安が減り、日常にも支障が少なくなるかもしれません。