保険の仕組みとは

保険は、相互扶助に基づかれています。
保険が生まれた頃から続いているようで、加入者全員の保険料を、必要としている人に保険金として利用することです。
けれども、現代社会では、これをそのまま実行することは、非現実的なようです。
もちろん、がん保険でも同じようです。
保険料にも内訳があります。
まず、純保険料が保険金に当てられます。
相互扶助そのものと言えるでしょう。
次に、付加保険料です。
これは、事務手数料など含まれなおかつ、保険会社の利益もあります。
また、保険会社は、資金確保のために、投資もしています。
円建てとともに、外貨建ての投資もし、安定した保険金確保のために行っています。
非常に巨額となっているため、投資市場でも、動向注目が集まります。
このように、今の保険は、社会の複雑化に対応したものとなっています。
かつては、セーフティーネットがありませんでしたが、今では、保険機構があります。
けれども、リスクが完全になくなった訳ではなく、基本的に自己責任のようです。
この点も、十分注意しておくべきことなのでしょう。
いずれにせよ、保険は、共同で営まれるようなものです。
自分の欲望を見つけながらも、他人の役にも立つようなシステムであり、それが特徴でもあるでしょう。
だからこそ、同じシステムを使っている社会保険にも、財源不足によって、不満を感じてしまうのかもしれません。
それを補うためには、信用リスクがあるとはいえ、民間保険となることは、致し方のないことなのでしょう。