給付金はどうか

保険加入の理由の一つは、当然、保険金になるでしょう。
それをしっかり受け取れるから、毎月保険料を払っているかと思います。
相互扶助の基づいているとはいえ、自分が受け取れる番があるからこそ、他人の保険を賄う形でも、保険料を支払い続けることができるのだと思います。
がん保険の場合、保険金は給付金という形になります。
種類はいくつかありまが、診断給付金というものもあります。
がんは、未解明な病気でもあり、診断だけでも、大きな意味があるでしょう。
ある意味、診断された時点で、がんとの闘いがスタートするとも言えます。
そうであるからこそ、がん保険は、診断だけでも給付金を払うようになるようです。
また、入院した時も、給付金対象です。
がん保険は、医療保険の一つであり、医療保険は、入院保障が核の部分です。
このため、入院給付金は、当然発生するものであり、がん保険でも、核の部分となっているのかと思います。
さらに、手術の際も、給付金が支払われます。
がんには三大治療があります。
手術、化学療法、放射線治療です。
西洋医学らしく、まずは、患部の除去を行うことが、最初の治療となります。
いわば、常套手段に対する給付金であり、そうであるからこそ、お金が発生するのでしょう。
ちなみに。
がん保険では、オプションも選ぶことができます。
たとえば、通院給付金があります。
今では、患者と家族が日常を送りながらの方が、治療が進むとのことで、通院治療を積極的に行う病院が多いようです。
これでも、給付金が出るのは、加入者にとって、非常に有益なことでしょう。