がんと予防の関係

がんは、完全に克服できるという病気とはなっていません。
だからこそ、がん保険に加入することの大切さがあり、加入者も増えているようです。
がんには三大治療である手術、化学療法、放射線療法がありますが、これで再発が確実にゼロになるかと言えば、そうではないようです。
がんは、自己細胞が悪性化し、免疫をすり抜け、増殖し続けます。
唯一死なない細胞とのことであり、増殖を止めることは、容易ではないようです。
けれども、生活習慣病でもあり、予防できると言われています。
肥満や糖尿病などとも、同じ病気のカテゴリーにあり、共通点があることも確かでしょう。
予防の一つに、アルコール摂取を控えることがあります。
適度であれば、睡眠効果が見込めますが、過度であると、体内燃焼が進まず、体内毒素を作りやすくするそうです。
これが細胞に急激な変化を与える可能性もあり、悪性化を促してしまうこともあるようです。
さらには、カロリーの高い食事を摂取することも、同じように体内毒素などを作り出す危険性があるため、摂取量に気を付けるべきでしょう。
けれども、たばこについては、今では、がんの原因として、国際医療機関からも指摘されています。
ヘビースモカーであれば、通院で禁煙するようになるかもしれません。
生活習慣病とは、その名の通り、生活に密接にかかわります。
もしかしたら、がんは、現代社会とも関係が深いのかもしれません。
がんを予防するには、社会そのものが変わる必要があるのかもしれません。